RSS

焼津旅行とディスカスアウル

3/31-4/1と焼津にNFオフにて一泊旅行 当日あいにくの雨ながら旅館につく寸前に晴れて虹がでたのでパチり。。。
おふ1


翌日旅館の窓から見事な日の出が。。。これまたパチ


おふ2

帰りに名古屋で念願のディスカスアウルに立ち寄ったわけだが これは驚きの連続であった
まず店の近所まで行ったが店がわからないtt
それもそのはずで外観は普通の民家であった 女性の人(たぶん店主のおくさんだろうと思っていた)
の案内で中に通してもらったが なんとそこは普通のリビングではないか@@
しかしそこには所狭しと水槽が並んでおり その全てにディスカスがいた そしてどれもが体調抜群で美麗であった

あうる2

案内の女性は今店長は顧客にメールを送っている作業中なので暫くお待ちくださいと コーヒーを入れてくれて ディスカス談義になったが その博識な事に驚いた そしてなんとかのハイコブレハーと懇意にしていると語るにいたっては 唖然茫然であった
暫くすると店長が来たのだがてっきりご主人に見えると思ったらなんとうら若い女性が お待たせしましたと現れたではないか@@これまたびっくりしていると この人が先日の病気治療のアドバイスをくれた
マスターとわかり 私の頭はもはや混乱状態となった
しかしこの女性もまたディスカスに深い知識を持っており 含蓄のある興味深い話を沢山頂いた
当然せっかく来たのだから ディスカスを譲って頂く話になり 種親用に取置いていたが 好きな人には
譲りますよと言う事で 看板魚のワイルドFI(アポロン)を3匹藻って帰ることに

それがこいつら

904.jpg

何の色味もない。。。。。         がこの親は マタリンバロイヤル(オス) 下写真

あうる

そして素晴らしい 南岸アレンカー トリニタージ フルロイヤル(メス)
のペアで取れた子であるが 残念な事にこの美麗なメスは老齢により他界してしまったとのこと
下写真

あうる

つまり最期のこのペアの子をゲットしたわけである この兄弟で12-13センチのものを見たが どれもワイルドのロイヤルブルーやソリッドレッドと見まがうような美麗な魚ばかりであった 発色が遅い魚なのである 現在6-8センチほどのしっかりした体型をした魚でうちの魚たちよりも 一回り大きな子たちである
なんとしても育てあげペアを撮りたいものである



スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

foo384

Author:foo384
熱帯魚 水草に捕り憑かれて数十年
今後もズボラに細く長く続けていきたいと
思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ディスカス&水草

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR