RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ディスカス再開一周年

昨年のちょうどこの時期にPBでかわいいRRBの幼魚を見て思わず衝動買いしたのが再開のきっかけでした
まあそれ以前に飼いたいアドレナリンが出ておりましたがwDSCF0021 (433x480)

ディスカス飼育は自身にとって3度目になります、一度目は1980年頃から5年ほど 暗中模索で買っては殺しの連続ながら夢に溢れた時代でした、餌に生きた糸ミミズを与えているのが普通の時代でした。2度目は1998年頃から2002年頃バブル崩壊後でしたがディスカス業界は盛況で質のよいディスカスが安価に買える環境になり、又フィルターにドライタワーなるものが現れ 自分も作りました お店も私の住む大阪ではAJ DKディスカス工房等マニアックなディスカス専門店が良質な国産ディスカスを量産していました(高かったですがw)
魚もWWFFに代表される東南アジアからも魅惑的なディスカス(RSGやブルーダイヤ等)が輸入されもっとも華やかな時代でした。

調子に乗ってご飯粒入れたりしましたが食いませんでしたw
しかし水質はばっちりで 後ろの白いバックスクリーンが黒っぽく見えて居る時は最高の水質です

DSCF0013 (480x303)

そして3度目の現在 正直ディスカス業界は暗黒の時代といってもいいでしょう
上記の2店はもとより全国各地のプロブリーダーショップが次々と閉店に追い込まれ FMやALといった
専門誌でもかつては年間数回のディスカス特集をやっていたのに最近は写真はおろか記事すらみられなくなりました、又コンテスト等も毎年いくつかありましたが今では1つしか確認できませんでした。

何ともいえない体色を見せるクルアイ このような黄色ともオレンジとも飴色ともいえるような複雑な体色を水槽内で累代維持する事は難しい。F1レベルで早くも野趣を失う事もありますがこの仔は素晴らしい体色を見せてくれています。
DSCF0064 (376x480)

何故このようになってしまったのか、再開してからずっと考えていました、ネットの普及によりお店に出向くことなく生体を買えるようになりましたがそれはよいお店にとってはむしろ販路拡大に繋がるはずなので関係ないでしょう
私はやはりディスカスは技術革新に立ち遅れたと思っています
水草の世界は正反対でフィルター 照明 CO2添加器具等格段の進歩によって今では女性アクアリストに愛されおそらくディスカスの数十倍のパイになっている事でしょう
水草水槽は手軽に楽しめるようになったのです さらにその水槽に入れる魚やエビのバリエーションも増えて今やアクアリウムの王道と言えるまでになりました

タンクブリードを続けて行くとこの仔のように単純なつまらない体色でそのまま親まで育ってしまう事が多い
昔の東南アジアブリードの累代繁殖されたブラウンディスカスがちょうどこんな感じでした、しかしこの白ちゃん最近変化の兆しが出てきました、この仔もレモン色が出てくるのではと期待しています。

DSCF0038 (480x412)
 
一方ディスカスはというと前出のドライタワーが当初硝酸塩を気化して窒素ガスとして空気中に放散するとかいう
効能があると喧伝され大いに期待した またブルカシステムというPHをロックする底砂が出たりToToフィルターという脱窒素効果が期待されるフィルター等いずれも過密飼育には十分な効能がみとめられず普及にはいたらなかった、結局高頻度のメンテナンスの呪縛から逃れることが出来ず今日に至っている 又ディスカスは電気代 餌代等のランニングコストも高くまた魚体が大きい事から水槽もそれなりのサイズが必要となりおりからの不況又原発問題等により節電が意識される現在取組にくい趣味と認識されていると思う。

上の白ちゃんと同じようにのっぺりした色だったこの仔も最近レモン色のような明るい黄色に色づいてきました
この地肌に赤いパッチが付いてくると感じいいだろうなと期待しています、ワイルド系は個性があってよいですね
DSCF0050 (394x480)
エンゼルフィシュなどの一般的なシクリッドと同じようにコミュニィティタンクに入れられるディスカスは出来ないのだろうか? ディスカスは今でも魅力に溢れる趣味である事に変わりは無いと確信していますしかし敷居が高い
事も先に述べたように事実であり気軽に手持ちの水槽にポチャンと追加といかない魚になってしまいました
既に数多くの先達が水草水槽にディスカスをと挑戦され多大な努力のもとある条件下に於いては可能とされる結論が出ているように思いますが再度愚行を承知の上トライしてみようと考えています(趣味ですからね^^)
一つの方向性として取り組んでみようと考えています、ポパイ作戦はその第一歩としてやり続けていこうと思っています。

にほんブログ村

にほんブログ村
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プロフィール

foo384

Author:foo384
熱帯魚 水草に捕り憑かれて数十年
今後もズボラに細く長く続けていきたいと
思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ディスカス&水草

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。