FC2ブログ
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CO2リアクターで溶解度UP

家の水槽は水量400ℓで水草もびっしりというわけでCO2の要求量も大きいです
しかも細心の注意を払っているとは言えCO2が逃げやすいオーバーフロー水槽なので
この年代物のテトラのカウンターで1秒1滴くらいの添加はほしいのですが(テトラのカウンターは泡が普通の
カウンターの3倍くらいあります)普通に直添でポンプのインペラで攪拌しても水槽の出吸い口から細かい泡が
煙のように出てきてしまいます。1.5秒に1滴くらいだとそんなに目立ちませんがそれ以上だとかなり目立ちます

水草水槽1 (2)
そこで遊んでいたエーハイムのサブフィルターにホースをつなぎリアクターとしました
この中にはバイオボールというドライタワーなどで使われるプラのボールがいれてあります
これだと1秒一滴でも殆ど出吸い口から泡は出ないです濾材にもっと細かいものを使えばさらに溶解度は
あがるでしをうしろ過機としても機能UPになるでしょうがメンテを考慮してこの濾材にしました

ホースも長すぎますし濾過槽の上に置いておくのも不便で不格好なので
そのうちまとめます><

水草水槽1 (1)
ともあれ十分なCO2の供給となり盛んに光合成をおこなっています
水草3
泡
グロッソ (2)
グロッソは折り重なるようにビッシリと匍匐していきます
グロッソ (1)
自家産ワイルドクルアイF3個体
円盤
円盤2

にほんブログ村
にほんブログ村>
スポンサーサイト

オーバーフロー水槽で水草

グロッソは絨毯になってくれました、一ヶ月半てのはセラミック砂てのを考えれば早い方かな
とにかく今回は大成功でした
水草8 (2)
表題の話ですがうちのこのメイン水槽はオーバーフロー仕様です
水草6 (1)

以前はエーハイムのプロフェッショナルを使っていましたが最近下の濾過槽に切り替えました
こういった濾過槽のメリットは何と言ってもヒーターから何から全部濾過槽に入れることができるので
水槽内はすっきりします。またろ材の入れ替えや洗浄も楽にできます(ピートなど使うときは特に)CO2もミドボンから直添でエーハイム1250ポンプのインペで攪拌していますので効率的です

デメリットはオーバーフローパイプから曝気されてCO2が逃げてしまうことですが
私は流量調整してそれをふせいでいます。
ろ材も入れようと思えば大量に入りますが私は必要ないとおもっていますので最小限しかいれていません
その理由はまた次の機会に書きます(長くなるので)

水草8 (1)
このウォータフェザーは北米産で最近出回っているものより柄が短く真ん丸になります
家族はまりもと呼んでいますがまさにそんな印象です
エビがつまつましてくれますw
水草6 (2)
最後に元気なディスカス達
クルアイ2 (2)
くるあい5 (2)
ディスカスもこの冬にF4に挑むつもりです


にほんブログ村

にほんブログ村

リベンジ

長らく更新していませんでしたが(過去画像がバグってしまいテンション激減)アクアは健在です
最近は時間もできてきて、ディスカスの繁殖で忙しく陰性植物でお茶を濁してきた水草水槽にも
力を入れようかなと思っています
下の水槽は我が家のメイン水槽の120*60*60の大勝水槽ですが今までトリミングが煩わしいので
陰性植物のクリプトやミクロなどて゛構成してきましたがボチボチ色んな草をやろうと画策しています

水草

まず手始めにグロッソをやっています この草は今や前景草の定番ですが10年ほど前にチャレンジし挫折した
苦い経験がありました。今回は照明器具も新兵器のLEDなども出てきているので再挑戦しました
下の画像はひと月ほど前にチャームで安い水上葉のものを購入し適当に植えましたが、今回はあっけなく
育ちそうです

水草3 (1)
前回はこの水槽の水深60cmがネックとなり既存の照明では水底まで十分な光が届かずうまくそだちませんでしたが
今回はしたの新兵器のLEDの威力で難なくそだちました
機材はアクロ450で45cm用のものですがこれを1基追加し2基で補助として既に杯盤となったデナリ―の水銀灯を数時間
照射しましたがLEDの透過率は素晴らしく60cmの水深もクリアしてグロッソは匍匐していきます。
水草4

高性能LEDがあればそうたいした光量がなくても水草は立派に育ってくれます
大光量にすればコケの発生を招くだけでいい事はありません

ディスカスも健在ですワイルドクルアイF3自家繁殖個体です
魚2 (1)
魚2 (2)
またボチボチ更新していきます
にほんブログ村
にほんブログ村

ディスカス飼育5年半

例によって久々の更新ですがディスカスはやっております
2012年3月に再開したディスカス3度目のマイブーム
5年半を経過し過去にない成果を上げつつあります

下は生後1年ちょいの自家産クルアイF3になります
下の個体はソリットレッドですが全体に
ハーフロイヤル化しつつあります
自家産
自家産 (6)

自家産 (9)
自家産 (8)
自家産 (5)
そしてその二腹目
非常に強健で育てやすく美しく育ちつつありますが流石にF3ともなると
野趣に欠けるというか味が薄れるというかちょっと改良種ぽくなってきている
気がしています
二腹目
そしてこちらはその親の世代にあたるF2
雄と思われる個体この年の瀬で3歳
いい感じになってきました家は色揚げ要素の餌を一切与えていないので
赤といってもここまでが限度でどちらかと言えばオレンジ系ですが
この子は結構赤いので期待しています
下の個体と組ましてこの冬ソリットを採りたいと思っています
2代目 (4)
雌と思われる個体
2代目 (2)
今のF3はオスがハーフロイヤルだったせいかライン系が多い気がします
ソリッドレッドの系統も欲しいのでぜひとも上のペアで採りたいものです

にほんブログ村

にほんブログ村

調子よく飼育しています^^

どうしても更新が滞ってしまっておりますが
ディスカスも水草も大きな問題もなく順調なアクアライフを
送っております

下の2枚は種親候補の赤系F2 大柄で写真は上手く撮れていませんが
恐らく赤系のオスと思われ期待しております
で1
で3
そしてこちらはF3達ですが約一歳となり順調に成長ほぼ親と同サイズになっております
ハーフロイヤル系
て17
て16
そしてこちらはソリッドレッド系
<て5
このクルアイF3は非常に少数しか採れませんが二腹目も順調に成長しています
て14
地味な魚ですので好みは分かれるところでしょうが
個人的には自分好みの表現が出来つつあり満足しています。

にほんブログ村
≪前のページ≪   1ページ/75ページ   ≫次のページ≫

プロフィール

foo384

Author:foo384
熱帯魚 水草に捕り憑かれて数十年
今後もズボラに細く長く続けていきたいと
思っています。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

ディスカス&水草

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。